CORE601
CORE601

CR701 CORE701

CR601 CORE601

近年自動車に搭載される自動変速機は、コンパクトカーやエコカーを中心に省燃費性を重視したCVTと、大排気量車やスポーツ性を重視したプレミアムカーを中心に乗り味・走行性能を重視したステップATへと棲み分けられつつあります。しかしながら多段化や緻密なロックアップ等の制御により、省燃費性とスポーツ性の両立を実現した最新の自動変速機であっても、構造的にトルクコンバーター(以下、トルコン)やクラッチでのパワーロスは避けて通ることができません。

CORE701は、特にステップATの走行フィーリング向上をテーマとし、トラクションブースター(トルコンの効率改善)とフリクションブースター(クラッチの伝達効率向上)によるダブルブースター効果によって、力強くスムーズな走りを提供するとともに、素早い変速を実現する究極のATF用添加剤です。


 

SPECIFICATIONS
商品記号・品名 CR701 CORE701
添加量 オイル量4L~8Lに1本を使用
容量 200mL
荷姿 12本入り
販売価格 12,000円(税抜)/1本


性能評価

1.トラクション性能を向上させる(トラクションブースター)

液体を介在させた動力の伝達には、液体のトラクション係数の大小が効率に影響します。右のグラフは、ATFを挟んだ二面間の速度を連続的に変化させた際に生じる、トラクション係数の変化の様子です。トラクションブースターを添加(4LATFCORE7011本添加した時と同量)することで、全域にわたりトラクション係数が増加していることがわかります。これはより高い力を伝達できることを意味し、トルコンの効率が向上することを示しております。



2. 摩擦係数を向上させる(フリクションブースター)

ステップAT車のトルク伝達容量は、内蔵される湿式クラッチの摩擦特性に依存します。CORE701ATFの持つ摩擦特性を変化させる(摩擦係数を上げる)ことで、長期にわたりトルク伝達容量を向上させることが確認できました。


試験方法:JASO M348-2002 自動変速機油摩擦特性試験法に準拠

試験条件:油温 100℃5000サイクル

評価方法:静摩擦係数の高い方がトルク伝達効率に優れている