WAKO'Sのラボはサーキットへ

 WAKO'Sは長年モータースポーツ活動のサポートを続けており、その支援範囲はロードレースだけでなくジムカーナ、トライアル、ラリー、モトクロス、さらにはモーターボートまであらゆるカテゴリーに及んでいます。
エントリークラスからトップクラスまで最適なレーシングオイルを提供し、レース後のオイルを回収して、その変性や組成データを徹底分析。この長年に渡るモータースポーツ支援活動で蓄積したデータとノウハウこそ、WAKO'S製品の高性能と高い信頼性を支える源になっています。
そしてその分析ノウハウは本社ラボからサーキットへ。WAKO'Sの高い技術とノウハウは、チームと共にレースを戦います。
モバイルラボ

WAKO'S独自開発のモバイルラボ。
レース場で分析機器と分析スタッフがオイルの検査を行います。

レース場での分析が行える機動力もWAKO'Sならでは。蓄積されたデータと高いノウハウが、チームを勝利へと導くためのサポート体制をよりいっそう充実させています。


分析

分析

分析から即レースに活かす


富士スピードウェイ WAKO'Sガレージ

2012年、富士スピードウェイにWAKO'Sのガレージがオープン。
カーレース、バイクレースで使用されるWAKO'Sのオイルを現場で分析し、レースに活かす事が出来ます。

例えばテスト走行の結果から、その時のマシン、天候の状態に最適なオイルを分析によって決める事も可能。予選レースや本戦へ、マシンを最高の状態へ導く手助けを行います。


ピットから分析へ

 分析

 結果をレースに反映


サーキットは厳格なる走る実験室。モバイルラボ、ガレージ共にWAKO'Sの技術者と分析機器がマシンを守り、結果を導き出す。プロレーサーやピットクルーと共にレースに参加し、WAKO'Sのクォリティがチームを支えます。