CORE601
CORE601

唯一無二のチューニングケミカル CORE601

東名パワード様は、レーシングカーのチューニング工場として創業以来、レースで培った高い技術と信頼性でチューニングパーツの企画・開発・製造販売、レーシングエンジンの販売・メンテナンスを行われています。

社内には充実した研究開発設備を完備し、様々な測定基準で測定及び検査・実験を行うことで、日本でトップクラスの製品開発を展開、“TOMEI”ブランドを確立されています。


テスト内容及び結果は、東名パワード 技術部 開発課 冨田明孝様よりご提供いただきました。

『CORE601』ベンチテスト実施内容
VQ35
VQ35 エンジンスペック

 エンジンベース ノーマル


TOMEI POWERED × WAKO'S 対談
ベンチテストの結果を受け、東名パワード冨田氏にCORE601についての感想を伺いました。


富田さん
ハイオクガソリンでのベースデータを作って、それがノッキングをしない点火時期と、出力的にも割と出るような空燃費でセッティングしてありますので、そういった数字からこのCORE601を足してどれくらい性能があがるか、というのが今回やらさせていただいた内容です。
セッティングがないので、例えばこれがちょっとでも悪さすればノッキングが聞こえてきますし、AFの数字も変わって来るので、その両方の確認をとって、あとは性能をとったという形です。
基本的にノッキングは出てこない状態で空燃費の変化は濃度によって変わるというのはありましたが、一番大きくは性能に出たかなという感じです。
WAKO’S
1%弱っていうのが、どう捉えたらいいのかと言うのもありますが、入れるだけである程度ぎりぎりの状態から1%でも上がると考えると、良いチューニングパーツとしての題材になるのかなという気がしています。
富田さん
そうですね、今回テストしているエンジンがNAの車両ですので、駆け引き無しなので、本当に積み重ねをしてチューニングをしていく形になります。
もともと部品を変えて、例えばカムを変えたとしても上がりしろはやはり少ないので、その中で1%というと積み重ねとしては大きいと思いますね。
WAKO’S
うれしいですよね。ちなみに今回全域で上がっていくじゃないですか、例えばカムとかマフラーとかポン付けで変えた時全体的に上がる物って他にあるのでしょうか?
富田さん
特性を変える形になってしまいますので、高回転が伸びるとごくごく低速は下がるパターンが多くて、両方というのはなかなかチューニングという上では難しいというのが正直な所です。中間と上というのは割とありますが、全域というのは正直言って難しいですね。
WAKO’S
今回狙った通りの感じが出来たので、そこが非常に良かったです。
富田さん
濃度も変えたりさせていただいて、それでやっぱり濃度っていうのはすごく重要なんだなと。今回のテストでまた勉強させていただけたかなと思います。
WAKO’S
ちょっとした差なんですけどね、意外とそれが結構数字にも出たり。
富田さん
性能差にも出たり、AFにも出たりと言う事で。
WAKO’S
AFがおもしろかったですよね。
富田さん
そうですね。思いのほか濃くなったりとか、うすく出たりとかありましたので、見ていると性能差以上に表れる所でしたね。
WAKO’S
測定中に富田さんが、ここパワー出てそうだよっておっしゃっていた時があったじゃないですか。やはりそれは音ですか?
富田さん
そうですね、いつもベンチをかけていると、出力が出る雰囲気はなんとなくありますね。出てるかなというのは、音だったりふけの良さなどに出てきますし、そういったものは微妙な差とはいえエンジン自体は変化を出して来るかなと思います。
WAKO’S
前回のプレミアムパワーの時は、どちらかというと中低速が上がりましたよね、で、今回は上のほうで富田さんが「あれ、なんか出てるよ」と、そういう話が出ましたがやはり出てましたね。
富田さん
そうですね。ちょうど最大出力が出る前後という所が一番よく差が出たかなと思います。
WAKO’S
結構上が伸びているのが、作った方もそのつもりでFM剤とかそういったものを入れたのですが。それが上の部分で出てたのかなという面もありますし、本当に成功だという気がします。
これは燃料の添加剤というものですけども、チューニングパーツとして、TOMEIパワードさんでは認めていただけるものなんでしょうか。
富田さん
はい、我々も自信を持ってテストさせていただいてますので。十分性能も現れてるので、チューニングパーツのひとつになると思います。
WAKO’S
ありがとうございます。
ベンチテスト
対談
冨田さん
担当者
ベンチテスト
ベンチテスト
ベンチテスト
冨田さん

『CORE601』ベンチテスト結果