2020 AUTOBACS SUPER GT Reportたかのこのホテル FUJI GT 300km RACE
第8戦 富士スピードウェイ

ZENT GR Supra
#38 立川祐路 / 石浦宏明

立川祐路 選手

⽯浦宏明 選手


レース情報

決勝11月29日(日) RACE
決勝結果 8位
いよいよ迎えた2020年のSUPER GT最終戦。泣いても笑っても、この⼀戦が今季のラスト。良いかたちでシーズンを締めくくるためにも、好結果で終えたい。TGR TEAM ZENT CERUMO は気温13度、路⾯温度11度というコンディションのなか、 第8戦富⼠の決勝レースのスタートを迎えた。

冷え込みもあり、3周に渡って⾏われたフォーメーションラップを経て切られたスタートで、ZENT GR Supra のスタートドライバーを務めた⽴川祐路は、ウォームアップの早さを活かし怒涛のオープニングラップをみせた #23 GT-R にかわされるものの、5番⼿で1周⽬を終える。

序盤、2番⼿から4番⼿までを占めたGR Supra勢の⼀⾓を担った⽴川は、5周⽬に #39 GR Supra が接触の影響で後退すると4番⼿に順位を戻すことに成功する。

しかし5周を過ぎる頃になると、⽴川は異変を感じはじめていた。ZENT GR Supra のフィーリング⾃体は良いものだったが、タイヤの表⾯にコース上のタイヤカスがくっついてしまい、⼤きな振動やグリップダウンを招く『ピックア ップ』と呼ばれる症状が出はじめてしまったのだ。このピックアップは、寒い時季のレースで多く発⽣する。
ピックアップの症状により急激にペースが落ちはじめてしまった⽴川は、なんとかポジションを死守していたものの、10周⽬に #17 NSX-GT、#100 NSX-GT に相次いでかわされてしまい6番⼿に順位を落としてしまう。

その後も⽴川の苦闘は続き、15周⽬には #12 GT-R に、16周⽬には #14 GR Supra にもオーバーテイクを許してしまった。17周⽬にはペースが落ちた #23 GT-R こそかわし7番⼿に順位を戻したが、やはり苦しい状況は変わらなかった。

このまま苦戦のなかでレースを続けていても、傷⼝は広がる⼀⽅だ。TGR TEAM ZENT CERUMO は23周を終え⽴川をピットに戻すことに決め、さらに前半スティン トとは異なるタイヤを装着するべく、バックアップ⽤のタイヤを履くことに決める。ただ、本来タイヤは⼀度使⽤する “⽪むき” と呼ばれる作業を経てレースに使⽤するが、バックアップ⽤ということもありその過程を経ていなかった。

ピットアウトした⽯浦は、⽪むきしていないタイヤということもありウォームアップに苦戦することになるが、そのテクニックでタイヤに熱を⼊れると、8番⼿から追い上げを開始する。32周⽬には7番⼿に浮上すると、前をいく #12 GT-R に狙いを定め、39周⽬にこれをオーバーテイク。さらにタイヤ無交換作戦を採っていた #8 NSX-GT に接近し、41周⽬にオーバーテイク。ふたたび5番⼿に順位を戻した。
しかし、終盤に向けてさらなる追撃に期待がかかる ZENT GR Supra だったが、レースも終盤に近づきはじめると、前半の⽴川同様、ふたたびピックアップの症状が出はじめてしまった。こうなるとペースは急激に落ちてしまう。50周⽬、⼀度は抜いた #8 NSX-GT に先⾏を許し、さらに52周⽬のTGRコーナーでは、#3 GT-R にもオーバーテイクされてしまった。

このピックアップは、タイヤ表⾯についたカスが落ちれば症状は治まるが、ZENT GR Supra の症状は⼤きく、なかなかペースを戻すことができない。55周⽬、#12 GT-R にもかわされてしまい、なんとか65周のレースを⾛りきった ものの、全⼒で臨んだ今季最終戦は、8位という悔しい結果に終わってしまった。

レースを通じてピックアップに悩まさ れ続ける結果となったZENT GR Supra。 もちろん他⾞にも症状は出ていたが、 ZENT GR Supra のものは特に⼤きかっ たのが苦戦の原因だ。また、本来得意としていたはずの富⼠では、今季4戦すべ てで苦しむシーズンになってしまった。

GR Supraの初年度で、まさかの悔しいシーズンとなったTGR TEAM ZENT CERUMO。2020 年、ふたたび体制を整え、チームは捲⼟重来を期する。

立川祐路選手のコメント

「ペースが上げられなかった原因は、タイヤのピックアップです。フロントタイヤがまともに⾛れる状況ではないほどになってしまい、ずっと苦しいレースになってしまいました。今季最終戦だったのでなんとか良いレースにしたかったのですが、結果的にはすごく残念ですね。なんとかピットウインドウがオープンするまで繋ぎ、後半の⽯浦選⼿に託しましたが、追い上げてはくれたものの、同様の症状に⾒舞われ苦しいレースになりました。とはいえ、全⾞がそうなっているわけではないので、来季に向けて原因を究明し、また得意なはずだった富⼠での速さを取り戻さないと戦えるようにはならないので、来季に向けてしっかり準備したいと思います。」

石浦宏明選手のコメント

「前半スティントの⽴川選⼿が苦しそうな展開だったので、バックアップ⽤のタイヤを急遽投⼊し、いちかばちかの勝負をしようとコースインしました。コースに⼊ってからすぐは苦しい状況でしたが、その後は2台をかわすことができ、前を追う展開になっていました。しかし途中からピックアップがひどくなり、GT300 の⾞両と交錯したときに⼤きなピックアップを拾ってしまいました。その後はペースも苦しいままになり、⽴川選⼿のときと同じような状況になり ました。今季は富⼠での速さが⾜りないところが⼤きく、テストもできずひっくり返すことはできませんでした。これからシーズンオフを迎えますが、苦しかった部分をしっかり改善したいと思います。応援してくださった皆さんに良いところをみせられず、悔しいレースになってしまいましたね」

村田淳一監督のコメント

「残念ながら完敗です。今季はシーズンの最後まで良いところをみせることができませんでしたが、近年これほど苦しんだシーズンはないほどでした。もちろんその分、悪いときのデータはとれていましたし、最終戦に向けて膿を出し 切って臨んだつもりでしたが、ピックアップに苦しめられてしまいました。もちろん他⾞もそうですが、特に苦しめられた印象ですね。我々が⾜りなかった部分もありますし、こういった結果を重く受け⽌め、チーム全体を再構築していきたいと思います。また GR Supraの開発陣も挑戦者として努⼒してくれると思っています。ドライバーふたりにもフラストレーションが溜まるレースをさせてしまいましたが、これを糧として来季に繋げたいと思います。今シーズン、TGR TEAM ZENT CERUMO にたくさんのご声援をありがとうございました」

決勝結果
Rank Car No. CarName Laps BestLapTime
1 100 RAYBRIG NSX-GT 65 1'29.592
2 37 KeePer TOM'S GR Supra 65 1'29.009
3 36 au TOM'S GR Supra 65 1'29.380
4 17 KEIHIN NSX-GT 65 1'29.351
5 8 ARTA NSX-GT 65 1'30.206
6 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 65 1'29.874
7 12 CALSONIC IMPUL GT-R 65 1'29.719
8 38 ZENT GR Supra 65 1'29.471
9 23 MOTUL AUTECH GT-R 64 1'29.268
10 19 WedsSport ADVAN GR Supra 63 1'30.590
11 64 Modulo NSX-GT 63 1'30.491
12 16 MOTUL MUGEN NSX GT 63 1'30.619
13 24 REALIZE CORPORATION ADVAN GT-R 63 1'29.983
14 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 60 1'29.529
15 14 WAKO'S 4CR GR Supra 34 1'30.137
2020年GT500クラスポイントランキング
(上位10位までを抜粋)
Rank Car No. Driver Name Point
1 100 山本 尚貴 / 牧野 任祐 69
2 37 平川 亮 67
3 17 塚越 広大 / ベルトラン・バゲット 59
4 36 関口 雄飛 / サッシャ・フェネストラズ 56
5 8 野尻 智紀 / 福住 仁嶺 54
6 23 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ 51
7 14 大嶋 和也 / 坪井 翔 47
8 37 ニック・キャシディ 46
9 39 中山 雄一 42
10 38 立川 祐路 / 石浦 宏明 40