第2回JBCF舞洲タイムトライアル
WAKO’Sケミカルサポートチームが表彰台独占

第2回JBCF舞洲タイムトライアル WAKO’Sケミカルサポートチームが表彰台独占
Photo by kensaku sakai
2016年4月2日に開催されたJBCF2016シーズン第3戦の舞洲タイムトライアルにおいてWAKO’Sケミカルサポートチーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」所属の唐見実世子選手が優勝。伊藤杏菜(Live GARDEN biciStelle)が2位に入り今シーズン初の表彰台。3位に棟近陽子(BH ASTIFO)が入りWAKO’Sケミカルサポートチームが表彰台を独占しました。
優勝 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位 伊藤杏菜(Live GARDEN biciStelle)
3位 棟近陽子(BH ASTIFO)
6位 藤原優子(BH ASTIFO)
9位 布袋田沙織(BH ASTIFO)
LIVE Garden Bicistelle
弱虫ペダル サイクリングチーム
BH ASTIFO

 
 
 

おすすめ

PAC series パワーエアコン カーエアコン用潤滑添加剤