2020 AUTOBACS SUPER GT Report たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE
第2戦 富士スピードウェイ

ZENT GR Supra
#38 立川祐路 / 石浦宏明

立川祐路 選手

⽯浦宏明 選手


レース情報

決勝8月9日(日) RACE
決勝結果 7位

予選ではライバルとの位置取りでアタックを決めることができず、まさかのQ1敗退という結果となってしまった ZENT GR Supra。

⼀夜明けた8⽉9⽇(⽇)、TGR TEAM ZENT CERUMO は追い上げを期し、午後1時からの決勝レースを迎えた。前⽇の公式練習、そして予選を通じ、ZENT GR Supra の速さは磨かれているはずで、それを武器に上位⼊賞を⽬指していた。


今回も無観客開催ということもあり、やや寂しさを感じるグランドスタンドを横⽬に、ZENT GR Supra のスタートドライバーを務めた⽴川祐路は、フォーメーションラップを終えると ZENT GR Supra に鞭を⼊れる。ふだんのレースであれば、たとえ予選順位がやや下でも、⽴川が⼤きくポジションを上げてきてくれるのがパターン。チームもそれを期待した。

ただ序盤、前をいく #16 NSX-GT に対して⽴川はなかなか仕掛けるに⾄らない。後⽅からは #19 GR Supra も続いており、これに順位を譲ることこそないが、なかなかペースを上げることができない。ZENT GR Supra のペースがライバルに対して不⾜していたのは明らかだった。

苦しい⾛りのまま、いたずらに周回数をこなすことは避けなければならない。現状を打破するために、チームはあらゆる作戦を検討し、最低周回数である22周を終え、⽴川をピットに呼び戻すことにした。うまく作戦を決めれば、ポジションアップを図ることができるはずだ。


⽴川はこの指⽰に従い、22周を終え ZENT GR Supra をピットレーンに戻すと、迅速な作業で⽯浦宏明に交代。たしかにこれで前を⾛っていた #23 GT-R など、何台かをかわすことができたが、逆に #19 GR Supra には先⾏を許し、⽯浦は後半スティントを9番⼿で戦うことになった。

作戦⾯では成果は出たものの、今回の ZENT GR Supra にはやはりいまひとつ速さが⾜りない。後⽅から迫る #3 GT-R や #23 GT-R につけいるスキはみせない⽯浦だったが、逆に前をいく#19 GR Supra には届かず。

その後 #19 GR Supra はトラブルのため後退し、最終的に ZENT GR Supra は7位でフィニッシュ。4ポイントを獲得した。


第1戦に次ぐポイント獲得で、ZENT GR Supra のランキングは2戦を終え5位。端から⾒れば悲観するような順位ではないのだが、今回の ZENT GR Supra は完全に速さの⾯で表彰台を争うような実⼒がなかったのは事実だ。TGR TEAM ZENT CERUMO が⽬指すべきは優勝であり、チャンピオンだ。チームはこの事実を深く受け⽌め、レース後緊急ミーティングを⾏った。

勝利を義務づけられていながら、開幕2戦を苦しい結果で終えてしまった TGR TEAM ZENT CERUMO。第3戦となる鈴⿅までは、2週間しかない。チームは急ぎ対策を施し、第3戦からのリベンジを期する。


立川祐路選手のコメント

「予選順位も良くなかったので、追い上げようとレ ースに挑んでいきましたが、思ったよりも苦しい状況で、前にライバルが⾛っていながら、なかなかポ ジションを上げることができないレースが続いてしまいました。本来もっと順位を上げて⽯浦選⼿に繋ぎたかったですが、それも叶いませんでした。次戦の鈴⿅に向けて、なんとかクルマを改良していきたいと思います」

石浦宏明選手のコメント

「前半スティントの⽴川選⼿の戦いをみて、苦しいレースになることは分かりました。エンジニアとも 戦略で攻めて、ミニマムで⼊るトライをしようという話をし、作戦で前に出られるように転換しました。 戦略としてはトライは成功したと⾔えますが、後⽅から来るライバルに対してはなんとか抜かれない⾛りをすることができましたが、やはり速さの⾯で課題が残ってしまい、チーム全体としてどうやっていくのかを⾒直さなければならないと思っています。このままではいけないので、しっかり挽回できるようにしたいと思います」

村田淳一監督のコメント

「本当に悔しいレースになってしまいました。TGR TEAM ZENT CERUMO としては、今までにないほど悪い状況になってしまっています。周囲を⾒ても仕⽅がありませんが、まわりも速いですし、我々に何が⾜りないのかをしっかりと探らないと、厳しい状況になっています。次戦の舞台は鈴⿅ですし、コースが変わることで現状を打破していきたいと思っています。またチーム⼀丸となって最初からやり直し、挑んでいきますので、引き続き応援よろしくお願い致します」

決勝結果
Rank Car No. CarName Laps BestLapTime
1 17 KEIHIN NSX-GT 66 1'29.444
2 36 au TOM'S GR Supra 66 1'29.912
3 14 WAKO'S 4CR GR Supra 66 1'30.348
4 37 KeePer TOM'S GR Supra 66 1'30.061
5 100 RAYBRIG NSX-GT 66 1'30.155
6 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 66 1'30.240
7 38 ZENT GR Supra 66 1'30.478
8 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 66 1'30.663
9 23 MOTUL AUTECH GT-R 66 1'30.129
10 16 MOTUL MUGEN NSX GT 66 1'30.270
11 12 CALSONIC IMPUL GT-R 66 1'30.003
12 24 REALIZE CORPORATION ADVAN GT-R 65 1'31.169
13 64 Modulo NSX-GT 65 1'30.962
14 8 ARTA NSX-GT 63 1'29.333
15 19 WedsSport ADVAN GR Supra 46 1'30.615
ポイントランキング
Rank Car No. CarName Point
1 36 au TOM'S GR Supra 30
2 37 KeePer TOM'S GR Supra 29
3 14 WAKO'S 4CR GR Supra 22
4 17 KEIHIN NSX-GT 20
5 38 ZENT GR Supra 12
6 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 11
7 100 RAYBRIG NSX-GT 11
8 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 7
9 8 ARTA NSX-GT 4
10 12 CALSONIC IMPUL GT-R 2
11 19 WedsSport ADVAN GR Supra 2
12 23 MOTUL AUTECH GT-R 1
13 24 REALIZE CORPORATION ADVAN GT-R 1
14 16 MOTUL MUGEN NSX GT 0
15 64 Modulo NSX-GT 0