LEXUS TEAM ZENT CERUMO

018 AUTOBACS SUPER GT Report
FUJI GT 500mile

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路 / 石浦宏明

【2018 SUPER GTシリーズ】第5戦 富士スピードウェイ レースレポート

LEXUS TEAM ZENT CERUMO

#38
ドライバー立川祐路 選手
ドライバー石浦宏明 選手
浜島裕英 監督

レース情報

決勝8月5日(日) RACE
決勝結果 8位

公式練習でのまさかのクラッシュで、⼤きなダメージを受けたZENT CERUMO LC500。ただ、LEXUS TEAM ZENT CERUMO のメンバーはいち早く⾞両の修復にかかると、LEXUS TEAMZENT CERUMO のメンバーは必死の作業を続けた。15番⼿グリッドからスタートすることは確定しているが、それでもなんとしてもポイントを持ち帰りたい……。
チームの思いが⽇付けが変わった午前5時30分ごろ、ほぼ完璧な状態にZENT CERUMO LC500を復旧させた。


迎えた8⽉5⽇(⽇)の決勝⽇。ZENT CERUMO LC500の再⾞検も終えスタッフも満⾜げな表情を浮かべたが、LEXUS TEAM ZENT CERUMO にとってはもうひとつ決勝レースへの出⾛に向けた“課題”があった。それはクラッシュで打撲してしまった⽴川祐路が、メディカルチェックでOKをもらうことだ。⽴川は朝にチェックを受けたが、まだ痛みは残っているものの、レース出⾛に向けた許可が出た。

これで無事にレースに出場できることになったチームは、午前中のピットウォークで⽯浦宏明のSUPER GT参戦100戦のお祝いのセレモニーを⾏い、改めて気持ちを新たに午後0時55分からのウォームアップに臨んだ。⽯浦はこの週末初めてZENT CERUMO LC500のステアリングを握ったが、修復成ったZENT CERUMO LC500のフィーリングは悪くなさそうだ。ウォームアップでZENT CERUMO LC500は9周をこなし、1分31秒904というベストタイムをマークした。


迎えた午後1時30分からの決勝。スタートドライバーは⽯浦だ。序盤は最後尾から様⼦をうかがいながら、まずは5 周⽬、前⽇のクラッシュによりエンジン交換となったため、そのペナルティストップ5秒が課せられる。これはすでにレース前から決まっていたことであり、⽯浦は冷静にペナルティを消化し、ふたたび追い上げをかける。


前とは⼤きく差は開いてしまったが、逆に考えれば無⽤なバトルをせず、⾼いペースを保てばレース距離が⻑いこともあり、追い上げも可能だ。「まずは前に追いつくこと」と⽯浦はタイヤを気にせず、アグレッシブに攻めると、35周を終えピットイン。⽴川に交代する。⽴川はブレーキングでその速さを⽣む左⾜のコンディションが⼼配されたものの、ドライビングに⽀障はなく、こちらも着実に周回を重ね、いよいよライバルたちの背中を視界にとらえた。51周⽬にはNo.3 GT-Rをオーバーテイク。順位を上げる。さらに63周⽬にはNo.19 LC500もパス。コンディションに問題はなさそうだ。

⽴川は70周⽬までドライブを続け、まずは⼀度⽬の役⽬を終えると、ふたたび⽯浦がZENT CERUMO LC500のステアリングを握る。ここまでZENT CERUMO LC500のピット作業もノーミスで、ペースも⾼い。周囲のライバルにトラブルやペナルティが起きるなか、90周を過ぎる頃になると、いよいよ8番⼿を争う集団に接近。91周⽬にはNo.39 LC500をパスし、さらに前を⾏くNo.64 NSX-GT、No.100 NSX-GTの戦いに近づいた。



⻑丁場のレースのなか、⾃⾝の第2スティントをまたもミスなく終えた⽯浦は、108周を終えてふたたび⽴川にステアリングを委ねる。順位もジワジワと上がり、ZENT CERUMO LC500 は9〜10番⼿を⾛⾏。徹夜で修復に携わったメカニック、スタッフたちの期待に応えるべく、ポイント圏内に浮上していった。


レース終盤、⽴川は9番⼿を⾛りながら着々と周回数をこなしていく。前後のライバルとは間隔が離れてしまったが、それでも⽴川は集中を切らさず、146周を終えピットイン。ふたたび⽯浦にステアリングを託すと、今度は⾸位を⾛っていたNo.12 GT-Rがガレージインしたこともあり、さらにひとつポジションアップ。これで8 番⼿まで順位を上げると、⽯浦は終盤No.23 GT-Rに迫られたが、「これ以上ポイントを落とすわけにはいかない」としっかりとポジションを守り、無傷のままZENT CERUMO LC500 をチェッカーまで導いた。


ZENT CERUMO LC500 の結果は8位。今回はレース距離が700km以上であるため、4ポイントを持ち帰ることができた。もちろんレースに臨む前に⽬標としていた25ポイント=優勝とは⼤きな差があるが、徹夜の作業をこなしたスタッフたちは、ホッとした表情を浮かべた。しかし、今回失ったポイントは確実にある。シーズンの残り3戦に向け、LEXUS TEAM ZENT CERUMO は今度こそ優勝を⽬指していく。


立川祐路選手のコメント

「まず、今⽇レースをすることができてホッとしています。昨⽇のクラッシュの直後は『しばらくクルマは直らないのではないか』と思いましたし、レースを戦うことができるとは夢にも思ってもいませんでした。チームのみんながしっかりクルマを直してくれたことに感謝したいですね。⼀⽅で、昨⽇クラッシュしてしまった相⼿のModulo Drago CORSEが出場できなかったので、後ろめたい部分はありましたが、やるからには中途半端なレースはできないというつもりで頑張りました。状況を考えるとエンジン交換のペナルティもあるなか、ポイントを獲れたのは本当に良かったですし、このポイントを残りのレースできっちり活かせるよう、次戦は完璧な戦いをしたいと思っています。

石浦宏明選手のコメント

昨⽇は⾛り出しからクルマのフィーリングは良さそうだと思っていたので、きちんとクルマが直っていれば戦えると思っていました。それはウォームアップで確認できたので、ペナルティを受けてからは、どう追いつくかというのが頑張りどころだと思っていました。ペースは速かったですし、⽴川選⼿に代わってからはオーバーテイクもしてくれていたので、良かったです。エンジニアたちとも『地道にレースするしかない』と⾔っていたので、できるだけのことをして戦いました。今回は想定したとおりのレースはできたと思いますが、昨⽇のクラッシュだけが想定外でしたし、今週⼤量得点を逃す要因になったと思います。クルマは直しましたが、あれは起こってはいけないトラブルだと思います。他に迷惑もかけていますし、チームの⼀員として、チーム全体で⼤きく反省しなければいけないと思います。再発しないようにみんなで考えていきたいですね。

浜島裕英監督のコメント

まず今週末を振り返ってみると、反省点としてトラブルを出さないことがまず第⼀です。ただ、予選⽇にトラブルが起きてしまったなかで、チームスタッフ、メカニックたちがしっかりとクルマを直してくれました。そしてドライバーも短いウォームアップの時間で確認をしてくれて、競争⼒のあるクルマをレースに送り出すことができたと思います。結果として、みんなの努⼒でポイントを獲得できたのは、期待以上のものになったのではないでしょうか。今回、持ち込みのレベルが上がっていることも確認できましたし、次戦SUGOは優勝を狙わないといけません。ハンデの部分でも有利な⾯はありますし、しっかりと⼤量得点をして、チャンピオンシップを争いたいと思います。

 
 

Rank Car No. CarName Laps Best Lap Time
1 36 au TOM'S LC500 177 1'31.185
2 1 KeePer TOM'S LC500 177 1'31.427
3 17 KEIHIN NSX-GT 177 1'31.695
4 8 ARTA NSX-GT 177 1'31.675
5 100 RAYBRIG NSX-GT 177 1'31.366
6 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 177 1'30.987
7 6 WAKO'S 4CR LC500 177 1'31.309
8 38 ZENT CERUMO LC500 177 1'31.162
9 23 MOTUL AUTECH GT-R 177 1'30.899
10 19 WedsSport ADVAN LC500 176 1'31.485
11 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 176 1'32.053
12 12 カルソニック IMPUL GT-R 175 1'31.310
13 64 Epson NSX-GT 166 1'31.165
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 162 1'31.275
15 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 139 1'31.693